1 日本矯正歯科学会認定医による矯正治療 2 トータルフィー設定による治療費用の明確化 3 デンタルローンによる月々分割払い可能
HOME > 小児矯正の開始時期

小児矯正の開始時期

子どもの矯正治療はいつから始めたらいいの?

子どもの矯正治療はいつから始めたらいいの?のイメージ 一般的に、小学校1~2年の頃に一度、医師に相談するのがいいと言われています。
理由は、「小さいうちは歯が動きやすい」からです。
大人になってからよりも、小さいときのほうが早くキレイに矯正できるのです。
お子さまの不正咬合は、そのまま様子を見て、大きくなるまで待っていても問題のない場合もあれば、早めに治療したほうがいい場合もあります。
早めにしたほうがいい理由としては、歯のはえかわりや、成長発育を最大限に活かせるからです。

治療時期について

当院では早めからの治療をおすすめしております。
(出っ歯、乱ぐい歯の場合は7,8歳頃から、受け口、偏位(顎のゆがみ)などでは4歳ぐらいから)
これは、あごの成長変化を利用できるからです。

これは、あごの骨の成長変化を利用できるからです。
受け口などではもっと早く(4~5歳ぐらいから)始めたほうがよいことがあります。

個々の患者さんの状況によって最適な治療開始時期は決まってきます。
はじめるタイミングが、とても大事なポイントになってきます。

「矯正治療は早い時期からがいい」とよくいわれますが、もっと細かくいうと「永久歯が生えそろう前」が治療の開始に最適な時期なのです。

初期治療

(永久歯に生え替わらない間に出来る箇所を治す治療)

CASE1 出っ歯

用いた装置・・・T4K(マウスピース)

T4K(マウスピース) 事例(写真) CASE2 受け口

用いた装置・・・ムーシールド(受け口用のマウスピース)

ムーシールド(受け口用のマウスピース) 事例(写真)

期間について

不正咬合の程度によって異なりますが、最低3~4年、長くて7~8年程かかります。
なお、小さなお子様の場合、乳歯の交換やあごの骨の発育を観察していく必要があるため必然的に治療期間が長くなることがあります。

治療に用いる装置

治療に用いる装置のイメージ 基本的には、一般的なマルチブラケット装置を用います。
これはブラケットと呼ばれる小さな装置を一つ一つの歯の表面に接着し、そこに針金を通して、歯を動かすというものです。

このブラケットは通常、金属製のものですがセラミック製や透明なプラスチック製のものもあります。

このマルチブラケット装置は歯に接着するため取り外しはできません。

小さなお子さまで乳歯が残っている場合は取り外しの装置(プレートあるいは顎外装置)を用いる場合があります。個々の患者さんの年齢、不正咬合の程度によって用いる装置は異なります。
お問い合わせ 矯正治療の費用はこちら

大阪府池田市呉服町2-20
クレハ220 2F

最寄駅
阪急宝塚線 池田駅 徒歩2分

診察時間
火・水・金 PM2:00~PM8:00
土      AM10:00~PM6:00
第1・3日  AM10:00~PM6:00
月・木・第4水曜はお休みです。

お問い合わせ 詳しくはこちら