1 日本矯正歯科学会認定医による矯正治療 2 トータルフィー設定による治療費用の明確化 3 デンタルローンによる月々分割払い可能
HOME > 矯正治療の費用 > 医療控除とは

医療控除とは

医療控除の対象

歯列矯正治療費は医療控除の対象となります。

ご本人や家族の病気やけがなどにより支払った医療費が10万円を超えるときは、次の算式によって計算した金額を医療控除として所得から差し引くことができます。

医療控除の計算方法
その年中に支払った 医療費-保険金などで 補てんされる金額=A A-10万円または 所得金額の5%=医療控除額 (最高200万円)
どちらか少ない額

医療費控除の対象と認められるもの

(例)
診療、治療のための診察費用、入院費用
(金冠メタルボンドなど健康保険の取り扱いができない材料を使用した場合の歯の治療費でも、医療費控除の対象になります。)
医師の処方箋により薬局で購入した薬代
歯列矯正費用(美容矯正を除く)
入院中、家政婦に支払った付き添い料

医療費控除の対象と認められないもの

人間ドッグなど健康診断のための費用。
(病気が発見された場合を除く)
美容整形の費用
医師や看護婦への謝礼
医師以外の人による治療費
通院時のマイカーのガソリン代
疾病予防や健康増進などのための医療品や健康食品の購入費

お支払方法の一例

お支払方法の一例のイメージ
  1. 医療費控除を受けるためには、医師などの領収書等を確定申告書に添付するか、確定申告書の提出の際に提示する必要があります。
  2. 医療費は、実際に支払ったものに限って控除の対象となります。
    未払いとなっている医療費は、実際に支払った年の医療費控除の対象になります。
  3. 共働きの妻が夫の配偶者控除の対象になっていないという場合には、妻にかかった治療費は妻が申告しなければならないと思いがちです。
    しかし、生計を一にしていれば扶養控除や配偶者控除の対象になっていなくとも、夫か妻かのどちらかにまとめて申告することができます。
お問い合わせ 矯正治療の費用はこちら

大阪府池田市呉服町2-20
クレハ220 2F

最寄駅
阪急宝塚線 池田駅 徒歩2分

診察時間
火・水・金 PM2:00~PM8:00
土      AM10:00~PM6:00
第1・3日  AM10:00~PM6:00
月・木・第4水曜はお休みです。

お問い合わせ 詳しくはこちら